スキノバ!

「好きな時間を伸ばす」「好きなことを伸ばす」「好きのある場所」をお届けします。

愛ってなんか、トクベツなもののような気がしてた。

わたしが得られる愛なんて、消耗品と思ってた

変な例えなんだけど、

わたしはずっと、

自分が消しゴムみたいなものだと思っていた。

 

例えば、

お気に入りの消しゴムがあったとして。

それが、不意になくなってしまった時に。

「あぁ、あれ消しやすかったのになぁ。」って、

少しの間は、違和感を感じたとしても、

すぐに新しい消しゴムを使って、

そんなことは

すぐに忘れてしまうんだろうなって。

消しゴムみたいに

使って、すり減って

いつかは忘れられてしまう。

そんなものだと思っていた。

 

そして、ずっと憧れていた。

愛されている人はきっと、

消しゴムではなくて

誰かにとっての、かけがえのない何かで。

うん。

モノじゃなくてそれは多分、ヒトで。

 

愛が感じられないわたしは、

いつになったら消耗品じゃなくなるんだろうって。

 

愛はきっと、特別な人だけに与えられる

特別な、キラキラした、

遠い存在だと思ってた。

手に入るのは、きっと特別な人だけで

手に入れるのは、

きっと大変なものなんだと思ってた。

 

f:id:hommy_jp:20180326084950j:plain

 

 

それはきっと、信頼関係

毎日毎晩、温かい愛を見ていた。

 

利害関係とか、損得勘定が一切なくて。

でもな、なんていうか。

胡散臭いタイプの暑苦しい関係でもなくて。

 

うん、語彙力がなくて悲しくなるけど、

温かい、そして力強い愛を感じていた。

 

「もし、万が一、何かがあったとして。

 そんなときは、絶対に駆けつけてくれそう。」

いつか誰かに言った、そんな感じの大きな愛。

 

愛だの友情だの仲間だの応援だの味方だの、

言葉にするのは簡単だけど、

いざっていう時に、

何も考えずに、

真っ先に手を差し伸べられるかどうか。

実際に、行動に移せるかどうか。

そんな愛を感じていた。

 

それはきっと、信用っていうやつで。

そう、たぶん信頼関係。

 

f:id:hommy_jp:20180326091702j:plain

 

明日のわたしはそれほど変われないとしても

いつかお父さんみたいに大きな背中で

いつかお母さんみたいに静かな優しさで

 

「その愛が、うらやましいです。

 あったかいなぁって、憧れて見てます。」

 

そう言ったわたしに、

 

「そこには、あなたもいるよ」

「最高の仲間だよ」って言ってくださった人。

 

ご挨拶したりとか、「仲間」とか「友達」とか

自分から言うのは、

少し気が引けちゃっていたけれど

されたら、すごく嬉しいね。

 

あんな風に、大きくはきっとなれないけれど、

いつか言ってくれたように、「わたしらしく」

愛をもっていきたいな。

 

明日のわたしは

それほど変われないとしても

一歩ずつ 与えられる人から

与える人へかわってゆけたなら

 

そして何よりたぶん、ね。

まっすぐに生きていかなくちゃ。

 

わたしは自分自身のことが信じられてないからね。

 

自信のなさもそうなんだけど、

自分に嘘をついたり、

後ろめたいことがあったりして。

そんなわたしの傾いた視点を、

まっすぐにして、前を向いていくことが先決。

 

f:id:hommy_jp:20180326113638j:plain

いつか、

「嫉妬の意味があるよ」って

教えてくださった

黄色い薔薇の花言葉

 

11本だと「最愛」

15本だと「永遠の友情」

の意味があるとも言われていると聞きました。

 

すぐにまた、

一緒に笑って泣いて歌いましょう♪

 

 

 

 

 

 「消耗品」とはいえ、

文具好きのHommyさんとしては

やっぱり消しゴムにも、

お気に入りがあってね。

 

この消しゴムのペンケースへの収まり具合と、

消し心地が、今はすごく好きだよ。

(なんのこっちゃ)

 

 

いつかまたここで

いつかまたここで

  • B'z
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

hommy-jp.hateblo.jp

 

 

Hommyへのお問い合わせはこちらよりお願いいたします!