スキノバ!

「好きな時間を伸ばす」「好きなことを伸ばす」「好きのある場所」をお届けします。

「伝えたい思い」なんて、そんな大層なものはない。

居間で窓を開けて寝ていたら

身体が固まりそうに寒かった。

このままだと、喉を痛めそう。

4時半頃、自分の部屋の布団に潜り込んだ。

 

二度寝から目が覚めたのは、8時16分。

今日は12時からの出勤だから、もう少しゆっくりでいい。

どうしようかと悩んだけれど

大概は、この「悩む」ムダな時間を後悔する。

階段を降りて、ゆっくりコーヒーを飲むことにした。

 

居間では、母が懐かしい曲を口ずさんでいる。

夏の終わりに定番のテレビ番組で

昨夜、その作詞家のスペシャルドラマが放送されていた影響だ。

母はいつも、耳にしたものをすぐに口ずさむ。

いつもどこか間違っているし、

テキトーな歌詞とテキトーなリズムを

なんの疑問も持たずに口ずさむ。

どうしたらこんな風に間違えられるのだろう。

こんなに動じない母から、

こんなにも考え過ぎてしまう私が生まれてきたなんて不思議だ。

 

 

タイムラインを除くと、

これもまた、毎年恒例で。

長時間放映されるテレビ番組への批判が集まっている。

 

毎年、8月の最後の土日に放送されるこの番組には

私はあまり、思い入れがない。

土日はいつも働いていたから、見る機会がなかった。

そして、ほんのすこし見ただけで心が痛む。

 

「この人たちがトクベツなのだろうか?」

「この人たちは『カワイソウ』なのだろうか?」

「頑張れって、これ以上何を頑張れというの?」

「こんなに輝いているのに、光を当てる必要が?」

 

そう思い、心が重くなる。

だから、あまり得意でもなかった。

 

だけど。だけど。

 

ここまで否定するのも、いかがなものかと

それはそれで、心が苦しい。

 

もしも、もしもこの人たちが、

「頑張ろう」「頑張りたい」と思っているとしたら

「頑張れなんて悪」「中止にしろ」「傷つけるな」

その言葉こそ、傷つけているのではないか。そう思った。

 

これ以上に効果のある方法があれば、

それを示せばいい。

批判するだけなら、誰でもできる。そうも思った。

 

どちらが正しいかなんて、私にはわからない。

私が伝えたいことはこれです!なんて、そんな大層なものはない。

 

だけど、

「私はこう思う。」

ただそれだけでは、どうしてダメなのだろう。

誰かや何かを否定したり、

その想いを「総意」や「絶対」にしなくてはいけないのだろうか。

どうして。

 

 

自分の考えが違っていたと気づくこともある。

環境や感じ方が変われば、時代が変われば変わる思いもある。

だけど、

前に言っていたからとか、誰かが否定したからとか

そんなことはどうでもいい。

それで、それだけで充分ではないだろうか。

 

f:id:hommy_jp:20170828003029j:plain

「私はこう思う。」

「そして、それは間違っていることも、変わることもある。」

 

伝えたい思いなど、大層なものはなくていい。

その気持ちさえあればいい。

それ以上を人に押し付けることも、

押し付けられることもない。

そんな言葉を、残していきたい。そう思った。

 

 

それでも。

 

どうしても変えたい現実があるなら、

批判をするより改善する方法を考える。

 

「私はこう思う。」

伝えるための、ビジョンはちゃんと描きたい。