スキノバ!

「好きな時間を伸ばす」「好きなことを伸ばす」「好きのある場所」をお届けします。

2016年、成果を上げる目標は「トリプルスリー」に設定せよ♡

f:id:hommy_jp:20151201231521j:plain

 

トリプルスリーって?

12月1日(火)に発表された、2015年の流行語大賞

【爆買い】と共に大賞に選ばれたのが、

この【トリプルスリー】。

 

馴染みの薄い言葉に

「え?どこで流行してるの?」

「初耳学に認定します!」などと、

SNSでも話題になりましたね。

 

ウィキべディアによると…

トリプルスリーとは、

プロ野球において、打者が同一シーズンに

打率3割以上・本塁打30本以上・盗塁30個以上

の成績を記録することを言う。

 

2015年シーズンでは

山田哲人柳田悠岐の二人がトリプルスリーを達成。

1950年以来65年ぶりに複数人達成者が出たことで話題となり、

この用語は2015年ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選出された。

 

トリプルスリー - Wikipedia

 

わかる人にはわかる、すごい偉業のようですね。

 

 

目標がトリプルスリー?

野球の攻撃分野(打力、走力)において

隙の無い好打者であることを証明するものとされ

これを目標とする打者も多い

と、野球選手にとっては偉業とも言えるトリプルスリー。

応用すれば、野球に縁のない私たちにとっても

成果がぐんと上がる目標に適した言葉

なんだっていう法則を発見♡

 

今回はその法則と設定の方法を伝授しちゃいます!!

 

 

 

成果を上げる「トリプルスリー」の法則

その法則は大きく分けて、以下の4つ。

  1. 具体的であること
  2. 細分化されていること
  3. 期間が明確であること
  4. キャッチーであること
 
1.具体的であること

トリプルスリーは先にも記した通り

「打率3割以上、ホームラン30本以上、盗塁30個以上」を表す言葉です。

具体的な数字も入っており、

結果がわかりやすい目標になっています。

 

「キレイになる!」では曖昧でも

「ウエスト5cmダウンであのワンピを着る♡」

とイメージしやすい 目標に設定することが大切です。

 

2.細分化されていること

トリプルスリーの数値目標は、

あくまでも数値的な目標であり、

そこを目指す最終的なゴールは

攻撃という分野で隙のない好打者となること。

強くなること。勝利すること。

 

その先に年俸アップでこんな生活がしたい!とか

キレイな女子アナさんと結婚したい♪なんていう

裏の野望もあるかもしれません。

 

まずは目的、自分の役割をしっかり認識した上で

その目標を細分化させていくことがポイント。

 

細分化させ、複数に目標を分けることで

視点を変えることができ、

飽きたり挫折したりという

リスクも減らすことができるし、

全体的なレベルアップにもつながるのでオススメです。

 

3.期間が明確であること

これは1にも2にも通じるのですが、

具体的にいつまで、だったらこの時期にはこのぐらい、と

細かい、半歩先の目標を設定することが大切です。

 

「1年後にはこのぐらいいけたらいいな〜」ではなく

「この時までにこれだけ!」と

目の前に見えるくらいの目標から設定していきましょう。

 

そのためにも、目標の時期は明確にしておくことが絶対条件です。

 

 

4.キャッチーであること

「トリプルスリー」という言葉は、

意味を知らずに

何それ?と話題になりましたが、

逆に言えば、

話題になるくらいキャッチーなワードだったということ。

 

そして、一度意味を知ってしまえば、

一言で明確にその言葉を表すことができます。

 

いくら素晴らしい目標を設定しても、

それを頭に入れておかなければ、

叶うことは困難でしょう。

 

常に頭に入れておき、

繰り返し思い出して意識することができる

キャッチーな目標にすることも、

成果をアップさせるポイントになるでしょう。

 

 

 

 

2016年は実りのある年に♡

f:id:hommy_jp:20151202001026j:plain

実はこんなことを書いておいて、

私は少し前まで「目標アレルギー」でした。

 

「継続」とか「努力」とかいう言葉が苦手で、

(できなかった時のプレッシャーが半端なかったし、

義務になった途端に苦痛に思えたのね。)

 

かと言って

 

「夢」とか「幸せを呼び込む」っていうのも

キラキラしすぎて眩しすぎて吐き気がしそうだった。

 

 

「選択」とか「テーマ」とか

「こうありたいと思うこと」

「こうなったらいいな、とワクワクすること」

 

みたいなイメージで、

2016年はどんどん

目標の成果を上げる1年にしようと思っています。

 

 

 

目標設定のヒントになる著書

35点男の立ち回り術

35点男の立ち回り術

 

 いきなりいっぱいの点数を上げるんじゃなくて、

細かく分けて1点ずつ!のヒントはここから。

あの田村淳さんでも色々悩んで

考えて→行動して、って

今のご活躍につながっているのだと思うと頑張れます。

 

あと、目標とは直接関係ないけれど、

結婚に関するエピソードが凄く好きで

その1文で購入を決めた本です。

 

 

 

 

7つの習慣に学ぶ手帳術

7つの習慣に学ぶ手帳術

 

フランクリンプランナーという手帳の

使い方講座を受けて、

自分の役割を意識することを学びました。

視点を変えるのっていいな、

どの自分を大事にするって

意外と意識しないもんな、って気づきました。

 

あと今回は書けなかったけど、

緊急と重要に物事を分けて、

大きな石から詰めていくっていうのも

凄く勉強になったから、

これはまた近日中に。