スキノバ!

「好きな時間を伸ばす」「好きなことを伸ばす」「好きのある場所」をお届けします。

どうしようもなく、もやもやしてしまう時期

あぁ、またこの時期が来たなぁ。

頭ではわかっているのに、

どうしようもできない感情。

 

何かがあったわけではないのに、

どうしてもモヤモヤしてしまう時期。

 

今日は、そんなお話。

 

f:id:hommy_jp:20181121013224j:plain

 

何者でもない自分にイライラする

始まりは唐突でした。

 

普通に起きて、ご飯を食べて、

録り溜めたドラマを消化して。

 

少しぐうたら、

「ザ ニート」みたいな

いわゆるダメダメな生活を

満喫しすぎてしまったせいかな。

 

ゆっくり、じっくり、ズシンって

イライラとモヤモヤと自己嫌悪が溜まって

しまいには、立てなくなるくらいになった。

 

そこからは、もう本当ダメで。

ドラマのセリフだったり、

家族の何気ない言動だったり、

空気が乾燥して、

鼻がむずがゆいこととか

腕がカサカサしていることとか、

そういうの全部、

全部ぜんぶ、気になってしまって。

 

「あぁ、このままではダメだ。」

 

そう思って、シャワーを浴びて

普段より長めに髪を洗って、

普段より多めに化粧水をはたいて

たっぷりと、ボディクリームを塗って。

 

プラチナレーベル ハトムギ化粧水

プラチナレーベル ハトムギ化粧水

 

 

乾燥や虚無感のせいだって、

お水をとにかく、がぶ飲みして、

好きな音楽を大音量で流して、それでも。

それでも、元には戻れなくて。

 

ごめんね。

あ。今日はこのまま人と話してはダメだ。

そう思って、

今日のSHOWROOMでの

リアルタイムの配信は、

短めにしようって決めた。

 

心配かけないように、

そして、そんな自分を見せないように、

配信では笑っていたけど、

本当は、手と足が、震えていました。

 

だったら、そんなこと

今も、書くなよって話だけど、

 

今はもう大丈夫なことと、

「何かあった」わけじゃなくて

「そういう時期」だったっていうことは

わかってほしくて。

 

これは多分、ちゃんと配信で

向き合えなかったことに対する

「言い訳」で

そんな言い訳じゃなくて、

明日からの態度で示せって、

思うかもしれないけれど。

 

それでも、ちゃんと笑えなかったことに

ちゃんと、長い時間話せなかったことに、

言い訳がしたくて。

 

それすらも甘えかな。ごめんね。

 

ありがとう。

配信が終わった後は、

とにかく吐き出そうと思って

エモめのプレイリストを作って

ドライブしようと決めていて。

 

そして行き先は本屋さんで、

前向きな、力強い文字たちで

頭の中を埋め尽くそうと思っていて。

 

そんな思いつきを、

ふと友達にLINEしたら

「え、着替える、行こうかな」って

すぐに返事をくれて。

 

ビックリしたのは、

唐突に行き先が、映画館に変わったこと。

 

ふたりともみたかった

ボヘミアン・ラプソディ」を観たら

かっこよすぎて、もやもやが吹き飛んでいた。

 

単純だよね、

うん、すごくバカみたいに単純。

 

でも本当、カッコよくてスカッとしたな。

 

付き合ってくれてありがとう、

誘ってくれてありがとう、 

乗ってくれてありがとう、

本当になんか、スカッとしたな。

 

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

 

 

涙もたまに、あるよね。

今回このことを、書こうと思ったのは

言い訳も確かに、あるのだけれど。

 

今、そしてこれから、

同じように、モヤモヤしてしまう時が

私にも、そしてあなたにも、

きっとまた、あるのだろうと思ったから。

 

「あぁ、子供だなぁ」

「情けないなぁ」

「ちゃんとしたいなぁ」

 

こんな風に吐き出さずに、

ちゃんと対処できる大人になりたいって

そりゃ、今でも思うけど。

 

でも、

「そういう時期なんだな」って

受け入れることで

対処方法を探すことができたし、

むやみに、他人や自分を傷つけることも、

多少なりとは、減った気がするの。

 

相変わらず、迷惑はかけているけれど、

その分、

受け止められる人になりたいとも思う。

 

涙もたまに、あるよね。

だけど、ピッと凛々しく。

 

ものすごくダメな大人だけど、

私は今、幸せです。

 

だから、

私よりもずっと立派なあなたにも、

どんなにダメな日があったとしても、

きっと、幸せでいてほしい。

 

そんなことを、考えています。

 

 

僕が今できることを

僕が今できることを

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

Hommyへのお問い合わせはこちらよりお願いいたします!